足が曲がった

足が曲がった


細菌性髄膜炎後遺症 による6歳の女の子Rちゃん。

体幹機能障害により歩行・起立・座位不能
気管切開・胃瘻・導尿をしています。
夜間は呼吸器を使用していとのこと。
筋緊張が強くボトックスを定期的に打っているそうです。

「ボトックを打つと緊張がなくなり楽になるの?」とママに聞いたらよくわかりません💦の回答!
スタジオでトレーニング後
こんなに足が曲がったところを今まで見たことがありません~とママ!

スタジオへ来てすぐは不安そうだったRちゃん、トレーニング後、マッサージとアライメントを調整したら帰る時は笑顔でした。