運動の発達の評価

運動の発達の評価


生後から歩行獲得の目標設定をした場合

発達段階に応じてトレーニングをしていかなくてはなりません

この年齢なのにこれができない首もすわっていないだけに目をむけるのではなく

何が足りないのかを認識して運動能力をどのように獲得していくのかが重要です

感覚機能が未熟な子にいくらリハビリをしても効果はなかなかでません

GLITTERでは一人一人に合わせたプログラムをご用意しています