小児脳性麻痺運動の獲得

小児脳性麻痺運動の獲得


脳性麻痺の子ども達は発達していくなかで障がいがあることで限られた運動の中から出来ることを選択せざるを得ない

そのため少しの運動しか獲得できない

神経系の回路は経験や行動からつながる、

それが上手く出来ない

GLITTERでは新しい運動を獲得するには再入力をしなくてはいけないと考えています

GLITTERでのプログラムはすべて出来ない事を再入力していくプログラムになっています