6/27開催!第2回 障がい児の筋緊張を防ぐ無料WEBセミナー

6/27開催!第2回 障がい児の筋緊張を防ぐ無料WEBセミナー


新型コロナの影響で、子どもたちがリハビリを受けたり、体を動かしたりする頻度が減ってしまっています。脳性麻痺などの病気を抱える子どもたちの場合、体を動かさないと筋緊張が進んだり、手足や背骨の変形が進んだり、身体機能が落ちたり…などの状態になりやすいです。

こうした状況を少しでも改善するため、ご自宅で親御さんがお子さんにできる「自宅ケア」の仕方について、無料のWEBセミナー形式でお伝えすることにしました。

 

 

セミナー概要

・日時:2020年6月27日(土)14:30〜15:00(多少延長する場合もございます) 

・参加費:無料

・対象:0歳〜12歳頃までの障がい児の親(脳性麻痺、PVL、ダウン症などの遺伝子疾患、てんかん、発達障害等の疾患。初めてGLITTERを知った!という方でもOKです♪)

・定員:先着10名

・講師:青山かほる(鍼灸マッサージ師 [国家資格]、小児障がい専門で治療を始めて業歴13年以上、一社)日本小児障がい児支援協会 代表理事)

・主な内容:筋緊張を和らげ、脳の学習能力を高めるGLITTER式®️自宅ケアの一部

・申し込み方法:下記のメールフォームよりお申し込み下さい。
https://glitter-group.jp/form/

・参加方法:WEB会議ツールのZOOMを利用(申込者に招待URLをメールで個別にご連絡します)
ZOOMとは >(ZOOMの公式サイトに飛びます)

 

※注意:本セミナーは患者様を対象としているため、治療家及び医療従事者などの方はお申し込み頂けません。(一般社団法人 日本小児障がい児支援協会の会員様を除く)
治療家及び医療従事者の方向けセミナーはこちら>

 

参加者の方の声

脳性麻痺のお子さんのママ

悩みは歩けるようにさせてあげたいこと。参加の理由は家で何ができることが分かればいいなと思ったから。
ゆらす、さするなど家ですることがわかったのでとてもよい参考になりました。

脳性麻痺・てんかんのお子さんのママ

寝たきりのままでこの先体が固くなる前に少しでも反がましにならないかと色々考えてましたので、マッサージしようと思って色々検索してました。マッサージの際の力の入れ具合などがわからなかったので、わかりやすくてよかったです。 小豆の早速かいました。

ダウン症のお子さんのママ

Zoomアプリは簡単でとても便利なので、出掛ける手間や時間も無くなりおススメです。他の参加者さんの質問も聞けて参考になります。

 

青山からのメッセージ

「皆さん、こんにちは。
私は過去13年以上、数百人以上の障がい児たちの施術を行なってきました。
その中で、ある重大な事実に気づきました。

それは、たとえ脳に障がいがあったとしても、
子どもたちは一人一人必ずその子なりの能力を持っているということ。

けれど、ほったらかしでは持っている能力も引き出せない、ということです。

オリンピックで活躍するようなアスリートたちも
子どもの頃に親がその子を家庭で支えていたからこそ
才能が開花できたんです。

つまり、どれだけお子さんに手をかけてあげられるかで、
その子の将来が大きく変わってくる、ということなんです。

「この子は脳性麻痺だから」「この子は小脳がないから」「この子は…」
と、大人が勝手にその子のできることを決めつけてはいけないんです。

なぜなら、脳には可塑性があるからです。

身体を良い状態に整えてあげて、正しい刺激を与えてあげられれば
脳がどんどん学習して、動きを獲得していくからです。

私は今まで、子どもたちのこうした成長を本当にたくさん目にしてきました。
ですから、確信を持ってお伝えすることができます。

中でも、ご自宅で日々行う「自宅ケア」はとっても大切です。
親が子にしてあげられることが、実はたくさんあるんです。
子どもたちは、未来の「アスリート」なんです。

一人でも多くの子どもたちに希望の光を届けたい!
そんな想いから、今回GLITTER式®️の自宅ケアの一部をお伝えする
ワークショップを開催することにしました。」

 

お申し込みはこちら
https://glitter-group.jp/inquiry/