ブログ

小児脳性麻痺運動の獲得

脳性麻痺の子ども達は発達していくなかで障がいがあることで限られた運動の中から出来ることを選択せざるを得ない

そのため少しの運動しか獲得できない

神経系の回路は経験や行動からつながる、

それが上手く出来ない

GLITTERでは新しい運動を獲得するには再入力をしなくてはいけないと考えています

GLITTERでのプログラムはすべて出来ない事を再入力していくプログラムになっています

 

小児脳性麻痺とてんかん

てんかん発作で出来ることを獲得することが困難、クスリを飲んでいても何をしてもてんかん発作が続く‥‥

てんかんを持っている子ども達は常に脳は興奮状態それによりなかなか知的にも運動能力的にも伸びてきません

てんかんの子ども達にとてもよいプログラムがあります

 

小児脳性麻痺とオキシトシン

GLITTERの自宅ケアはオキシトシンの分泌を考えて作られています

オキシトシンが分泌は脳性麻痺の子ども達、発達障がいのお子さまの成長にも大きなかわりがあひます

その大切なホルモン、オキシトシン!

オキシトシンの研究の第一人者山口創先生が今日放送の

世界一受けたい授業に出演されました

以前私も先生にお会いした事があり先生のテレビ出演楽しみにしていました

小児障がい児リハビリ

スタジオへの問い合わせに料金はいくらですか?の問い合わせよくあります

スタジオでの内容の

一部が保険適応です

子ども達の多くは筋肉や関節に問題があるためマッサージに関してはほとんどのお子さまか保険適応で治療させていただけます

それ以外は殆どが自費治療になります

スタジオへ来院している子ども達、ママは意識がとても高く子ども達の持っている能力を最大限に引き出したいと頑張っています

スタジオはとてもいい雰囲気で子ども達もどんどん成長しています

スタッフもみんな全力で子ども達と向き合っています

まれに治療をお断りさせていただく事もあります

 

小児脳性麻痺と首すわり

頚定

寝たっきりの子ども達のほとんどが首が座っていない

首がぐらぐらしている子はすわっているとは言いません

首が座っていないと二次的な障がいも起こりやすくなります

頚定することを目指さないにしても頚部の筋肉は多少鍛えた方がいいです