お知らせ

10月6日「世界脳性まひの日」チャリティ企画

「世界脳性まひの日」とは、2012年から始まった世界規模の運動で、全世界約1,700万人の脳性まひの方を祝福し、地域社会に対して脳性まひについての啓蒙を行い、ノーマライゼーションを推進する取組みです。

詳しくは公式サイトへ(英語)
https://worldcpday.org/

 

ただ残念ながら、日本ではまだほとんどその運動の存在を知られていません。
そのため、私が代表理事を務める一般社団法人日本小児障がい児支援協会では、この運動を日本でも広めるため、今回チャリティイベントを企画いたしました。

一般社団法人 日本小児障がい児支援協会についてはこちら>

 

■イベント開催期間:2020年10月6日(火)~13日(火)

上記期間中に「チャリティの件で」とGLITTERまでお問合せ・ご予約下さい。

10月6日~12月6日までの2ヶ月間の間に施術の予約をして頂くと、マッサージやはりの施術などを無料で体験することができます。

対象は脳性麻痺、PVL、てんかん、ダウン症、遺伝子疾患などの病気により障がいを抱えた生後半年から小学6年生までのお子さんです。

 

 

7月のZOOMカウンセリング

7月は水曜日の9:15〜 1日1組限定でオンライン・カウンセリング(ZOOM)を開催しています。

お申し込みはこちら↓(先着順です)

https://ex-pa.jp/item/27019

 

7月の日程

 7/8(水) 9:15〜9:45
 7/15(水) 9:15〜9:45
 7/22(水) 9:15〜9:45
 7/29(水) 9:15〜9:45

※ご予約は2日前までとなります。

・定員:先着 1家族限定(1家族1回まで)

・内容:オンラインで画面を通じてお子さんの様子を見ながら、お悩み相談やアドバイスなどをいたします。

【よくあるご相談例】
− 一生懸命リハビリをしているのですが、全く変化を感じません。今のやり方で良いのでしょうか?
− 医師からこんな風に診断された為、どうすれば良いのか不安で眠れない日々が続いています。何かアドバイスをもらえないでしょうか?
− 地元の医療機関に不安・不満を感じています。この子のためにもっと良い方法は無いでしょうか?
− 子どものために少しでも自分たちがしてあげられることを探しています。何か親ができることはないでしょうか?どうすればこの子の能力をもっと伸ばしてあげられますか?

・料金:1回30分 3,000円(税別)

・お支払い方法:クレジットカード決済、銀行振り込み

・参加方法:ご予約後に専用のURLをお送りします。
 ZOOMアプリをパソコンやタブレット、スマホにインストール後、ご予約日時に専用のURLよりご参加下さい。

・お申し込みはこちら(お申込みは先着順で2日前までとなります)
 https://ex-pa.jp/item/27019

第2回障がい児の筋緊張を防ぐ無料WEBセミナー参加者アンケート

脳性麻痺のお子さんのママ

Q1. セミナーのご参加前に悩んでいたことは何ですか?なぜ今回ご参加頂けたのですか?

筋緊張による身体の変形を少しでも防ぐために自宅で出来るケアを知りたかった

 

Q2. 今回のセミナーで気づきや参考になったことはありましたか?

⾝体を揺らす、触るなど、簡単なことを少しでもやればいいということ
脳が不快に感じている状態での刺激は効果がないということ

 

 

PVLのお子さんのママ

Q1. セミナーのご参加前に悩んでいたことは何ですか?なぜ今回ご参加頂けたのですか?

⼦供のマッサージ等のやり⽅があっているか不安でした。
参加した理由は⻘⼭先⽣が講師だったからです。

 

Q2. 今回のセミナーで気づきや参考になったことはありましたか?

⼟台となる基礎部分を教えていただいので、毎⽇繰り返し実施してみようと思います。

 

 

PVLのお子さんのママ

Q1. セミナーのご参加前に悩んでいたことは何ですか?なぜ今回ご参加頂けたのですか?

緊張が強くなかなか緩められない、⾃宅で毎⽇おこなえるケアを知りたかった

 

Q2. 今回のセミナーで気づきや参考になったことはありましたか?

触れるという事がとても⼤切という事

 

 

脳性麻痺のお子さんのママ

Q1. セミナーのご参加前に悩んでいたことは何ですか?なぜ今回ご参加頂けたのですか?

⼦どもに合うリハビリを⾒付け、⽇々取り組んだ結果、⼦どもの運動能⼒が進んできています。
しかしその反⾯、筋緊張が強くなってきたので、少しでも緩む⽅法を探していました。

 

Q2. 今回のセミナーで気づきや参考になったことはありましたか?

能⼒を獲得するためには、⼟台が⼤切だということ、
家での簡単なケアの仕⽅がとても参考になりました。

 

Q3. セミナーの参加を迷われている同じ悩みを抱える方に、一言メッセージをお願いします。

リハビリ、マッサージなど、何をしたら良いか分からない、どうしたら能⼒を伸ばせるのかといった
発⾔をされている⽅がいらっしゃいましたが、⼩さいうちは、良いと思うものは、⾊々と試すことが
⼤事だと思います。
うちも、⾊々と迷い、5才の今まで、沢⼭のものを試してきました。
その結果、松葉杖訓練法のリハビリや、グリッターさんの訪問マッサージにたどり着きました。
リハビリをとても頑張っているので、訪問マッサージで緩めていただくことは、
⼦どもも気持ち良くリラックスできるので、毎週楽しみにしています。
試した中から、その⼦に合うものを選んでいけば良いのではと思います。

 

6/16火曜よりオンライン・カウンセリングを始めます!

スタジオGLITTERには、これまでも日本全国から多くの患者さんが、わざわざ名古屋までご相談にいらっしゃっています。

北は北海道、南は沖縄まで(タイやオーストラリアなど海外からも)・・・。

そして、「本当に来て良かったです!」「やっと心が晴れました」などと涙を流して帰られる患者さんもよくいらっしゃいます。

 

また、遠方のため名古屋には来られないものの、個別にメールやお電話などでご相談頂くケースも毎月かなりの数あります。

ただこうしたケースの場合、実際患者さんの状態を見ていない状況で、専門家としてアドバイスを行うことはできません。

そのため、今まではこうしたお問合せに対して、いつもとても心苦しいのですが、ご期待に添えるような回答をできずにいました。

 

一方で、コロナの影響で、私を含め、ネットが苦手な方であっても、ZOOMなどによるオンラインセミナーやオンライン診療を体験する機会が増えたのではないかと思います。

そこで今回、遠方にお住まいの方や外出が難しい方のために、ZOOMを使ったオンライン・カウンセリングを開始することにいたしました!

 

お申し込みはこちら(お申込みは先着順で2日前までとなります)
 https://ex-pa.jp/item/27019

 

 

オンライン・カウンセリングの内容

・日程:6月16日以降の火曜日午前中
 6/16 9:00〜、10:00〜、11:00〜
 6/23 9:00〜、10:00〜、11:00〜
 6/30 9:00〜、10:00〜、11:00〜
※順次、日程を追加していく予定です。

・定員:各回先着 1家族限定(1家族1回まで)

・内容:オンラインで画面を通じてお子さんの様子を見ながら、お悩み相談やアドバイスなどをいたします。

【よくあるご相談例】
− 一生懸命リハビリをしているのですが、全く変化を感じません。今のやり方で良いのでしょうか?
− 医師からこんな風に診断された為、どうすれば良いのか不安で眠れない日々が続いています。何かアドバイスをもらえないでしょうか?
− 地元の医療機関に不安・不満を感じています。この子のためにもっと良い方法は無いでしょうか?
− 子どものために少しでも自分たちがしてあげられることを探しています。何か親ができることはないでしょうか?どうすればこの子の能力をもっと伸ばしてあげられますか?

・料金:1回30分 3,000円(税別)

・お支払い方法:クレジットカード決済、銀行振り込み

・参加方法:ご予約後に専用のURLをお送りします。
 ZOOMアプリをパソコンやタブレット、スマホにインストール後、ご予約日時に専用のURLよりご参加下さい。

・お申し込みはこちら(お申込みは先着順で2日前までとなります)
 https://ex-pa.jp/item/27019

 

6/27開催!第2回 障がい児の筋緊張を防ぐ無料WEBセミナー

新型コロナの影響で、子どもたちがリハビリを受けたり、体を動かしたりする頻度が減ってしまっています。脳性麻痺などの病気を抱える子どもたちの場合、体を動かさないと筋緊張が進んだり、手足や背骨の変形が進んだり、身体機能が落ちたり…などの状態になりやすいです。

こうした状況を少しでも改善するため、ご自宅で親御さんがお子さんにできる「自宅ケア」の仕方について、無料のWEBセミナー形式でお伝えすることにしました。

 

 

セミナー概要

・日時:2020年6月27日(土)14:30〜15:00(多少延長する場合もございます) 

・参加費:無料

・対象:0歳〜12歳頃までの障がい児の親(脳性麻痺、PVL、ダウン症などの遺伝子疾患、てんかん、発達障害等の疾患。初めてGLITTERを知った!という方でもOKです♪)

・定員:先着10名

・講師:青山かほる(鍼灸マッサージ師 [国家資格]、小児障がい専門で治療を始めて業歴13年以上、一社)日本小児障がい児支援協会 代表理事)

・主な内容:筋緊張を和らげ、脳の学習能力を高めるGLITTER式®️自宅ケアの一部

・申し込み方法:下記のメールフォームよりお申し込み下さい。
https://glitter-group.jp/form/

・参加方法:WEB会議ツールのZOOMを利用(申込者に招待URLをメールで個別にご連絡します)
ZOOMとは >(ZOOMの公式サイトに飛びます)

 

※注意:本セミナーは患者様を対象としているため、治療家及び医療従事者などの方はお申し込み頂けません。(一般社団法人 日本小児障がい児支援協会の会員様を除く)
治療家及び医療従事者の方向けセミナーはこちら>

 

参加者の方の声

脳性麻痺のお子さんのママ

悩みは歩けるようにさせてあげたいこと。参加の理由は家で何ができることが分かればいいなと思ったから。
ゆらす、さするなど家ですることがわかったのでとてもよい参考になりました。

脳性麻痺・てんかんのお子さんのママ

寝たきりのままでこの先体が固くなる前に少しでも反がましにならないかと色々考えてましたので、マッサージしようと思って色々検索してました。マッサージの際の力の入れ具合などがわからなかったので、わかりやすくてよかったです。 小豆の早速かいました。

ダウン症のお子さんのママ

Zoomアプリは簡単でとても便利なので、出掛ける手間や時間も無くなりおススメです。他の参加者さんの質問も聞けて参考になります。

 

青山からのメッセージ

「皆さん、こんにちは。
私は過去13年以上、数百人以上の障がい児たちの施術を行なってきました。
その中で、ある重大な事実に気づきました。

それは、たとえ脳に障がいがあったとしても、
子どもたちは一人一人必ずその子なりの能力を持っているということ。

けれど、ほったらかしでは持っている能力も引き出せない、ということです。

オリンピックで活躍するようなアスリートたちも
子どもの頃に親がその子を家庭で支えていたからこそ
才能が開花できたんです。

つまり、どれだけお子さんに手をかけてあげられるかで、
その子の将来が大きく変わってくる、ということなんです。

「この子は脳性麻痺だから」「この子は小脳がないから」「この子は…」
と、大人が勝手にその子のできることを決めつけてはいけないんです。

なぜなら、脳には可塑性があるからです。

身体を良い状態に整えてあげて、正しい刺激を与えてあげられれば
脳がどんどん学習して、動きを獲得していくからです。

私は今まで、子どもたちのこうした成長を本当にたくさん目にしてきました。
ですから、確信を持ってお伝えすることができます。

中でも、ご自宅で日々行う「自宅ケア」はとっても大切です。
親が子にしてあげられることが、実はたくさんあるんです。
子どもたちは、未来の「アスリート」なんです。

一人でも多くの子どもたちに希望の光を届けたい!
そんな想いから、今回GLITTER式®️の自宅ケアの一部をお伝えする
ワークショップを開催することにしました。」

 

お申し込みはこちら
https://glitter-group.jp/inquiry/